体に必要な栄養素

飲みやすい形のローヤルゼリー

私たちにとって健康食品は、昔に比べるとかなり身近なものになりました。
身近なものだということは、当然その分取り入れやすくなっているということです。
特に人気のある商品ほど、種類も豊富で製品のタイプも多くなっているのが現状です。

中でもローヤルゼリーは長年人々のあいだで愛用されている健康食品です。
なのでいろんな商品が発売されており、いかに成分を確保しながら飲みやすくするかということも課題になっているのです。

ローヤルゼリーは、蜜や花粉を働き蜂が採取して、体内で変化させ、分泌をして作られたものです。
その作られたローヤルゼリーは、たった一匹の女王蜂のみが許される食べ物でした。
ローヤルゼリーで成育した女王蜂は、なんと働き蜂よりも2倍の体長で40倍いきるといわれています。
ローヤルゼリーの栄養素の高さがとても感じられます。

ローヤルゼリーは、3種に分かれます。

一つ目が生ローヤルゼリーです。
ハチの巣から採取されて72時間以内のものを使用している場合がほとんどです。
品質や栄養面を管理する観点からいっても、高い技術力が必要です。

そして何より天然成分がそのまま配合されています。
そのためローヤルゼリー独特ともいえる特徴があります。

ローヤルゼリーはミツバチが作っているといった認識はあるため、勝手に蜂蜜のような印象を持つ人もいます。
しかし実際口にすると、酸味が強くほんのりとしか蜂蜜の味がしません。
新鮮なものほど口にしたときに、舌がピリピリっとした刺激を感じる人もいます。

また液状タイプなので、においも一番敏感に感じてしまいます。
さらに開封すして酸素が触れることで酸化が進み、余計に酸味を感じることになってしまいます。

そんなローヤルゼリーお飲みやすい形にしたのが、ソフトカプセルや顆粒状のタイプのものです。
特に子供や高齢者にとってもローヤルゼリーは免疫を高める作用や強い抗菌作用もあり摂取したい物の一つです。
そんな子供たちにも飲みやすいように、糖衣錠のものは子供たちでも食べやすく味も甘くなっているので抵抗なく始まられます。糖衣されたローヤルゼリーは飲みやすいです。

しかし調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーと比べると成分量が劣ってしまいます。
生ローヤル成分の栄養素を重視するか、飲みやすさで重視するかの違いになります。

そして何より、毎日飲み続けるという習慣を得ることが大事です。
そのためには何を重視したらいいのかおのずと分かってくるのではないでしょうか。
ローヤルゼリーの味は確かに独特です。

ただし外出などの機会が多く、外出先で飲むことが多い人には、乾燥タイプのローヤルゼリーがお薦めです。
粉末タイプですが熱には弱いので、持ち運びするにはカプセルタイプのものを選ぶといいでしょう。
保管の方法なども気にせず持ち歩きができるので、毎日続けられる秘訣へとつながります。


Copyright(C) いつまでも健康を願う All Rights Reserved.